フィルターフィルムに関する用語と用語

フィルターフィルムは、特定の波長帯域の光のみが通過できる(高い透過率を有する)光学素子である。


フィルタ膜のピーク透過率

初期光値が100%であり、光フィルタを通過した後、スペクトル測定を行い、85%にすぎないことが分かった場合、フィルタの光透過率は(Tp)>80%と定義することができる。


フィルタ膜中心波長

フィルタ膜の実際の用途で使用される波長は、例えば、光源のピーク波長が850 nm LEDであれば、必要な中心波長は850 nmである。


ろ過膜の半帯域幅

これは、最高透過率の半分に相当する波長であり、90%のピーク値と45%の半値を有する左波長と右波長を減算することにより得られる。対応する波長が875 nmおよび825 nmである場合、半帯域幅は50 nmである。


フィルタ膜のカットオフ範囲

フィルタを通過する光のエネルギー減衰を示すスペクトル領域の波長間隔に使用されます。減衰強度はカットオフ深さとも呼ばれ、通常は光密度や透過率を用いて表現される。


ろ過膜の光密度

光密度(OD)はフィルタのカットオフの程度を記述し、伝送されるエネルギーに関係する。光密度値が高いほど、透過率は低くなります。


ろ過膜の入射角

入射光とフィルター表面法線との間の角度。光が表面に垂直な場合、入射角は0°である。


ろ過膜のカットオフ率

カットオフ領域の透過率に対応する。ゼロの透過率を実現することは非常に困難であるため、通常はゼロに近い透過率を選択する。しかし、10 ^-5以上の透過率はほとんどの要件を満たすことができ、通常はOD>5の光密度値に変換されます。


ろ過膜カットオフ帯域幅

許容できる不要な波長の最小範囲。ほとんどの電子撮像センサの応答範囲は350〜950 nmであるため、実際の範囲はこの間隔より少し広い可能性がある。紫外線及び赤外線遮断範囲の決定はより複雑であり、使用するセンサの応答範囲に依存する。


フィルタ膜の開始波長

これは、長域通過フィルタの透過率が50%まで増加した波長を指す。


フィルタ膜のカットオフ波長

ショートパスフィルタの透過率が50%まで低下した波長を指す。


ろ過膜の有効孔径

光学系において有効に利用される物理領域。そのサイズは通常、フィルタの外観に似ており、同心で、サイズはやや小さい。

関連ブログ
We use cookies to offer you a better browsing experience, analyze site traffic and personalize content. By using this site, you agree to our use of cookies. Visit our cookie policy to leamn more.
Reject Accept