光学薄膜被覆

光学薄膜被覆

光学薄膜コーティングサービス

光学コーティングは、薄い層状媒体、インターフェースを介して光ビームを伝搬する光学媒体材料の一種で構成される。光学フィルムの応用は1930年代に始まった。現代では,光学フィルムは様々な光学機器を製造するために光学及びオプトエレクトロニクス技術の分野で広く使用されてきた。主な光学薄膜デバイスは、反射膜、反射防止膜、偏光フィルム、干渉フィルタ、ビームスプリッタなどである。彼らは国家経済や国防の建設で広く使用されており、科学技術労働者からの増加注目を受けている。例えば、反射防止膜を用いることにより、複雑な光学レンズの発光損失を10倍に低減することができる高反射ミラーの使用はレーザの出力パワーを、金属、すべてのフィルタを達成することができます。基板に基づいてフィルムを設計します。sの必要条件。倍にすることができる光学フィルムを使用することによって、シリコン光電池


BRD光の効率と安定性を向上させることができ、個々の光学膜コーティングサービスを提供することができ、様々な光学薄層シリーズを含む。MAF


、金属、すべてのフィルタを達成することができます。基板に基づいてフィルムを設計します。sの必要条件。 、金属、すべてのフィルタを達成することができます。基板に基づいてフィルムを設計します。sの必要条件。先進的な検出装置(分光光度計)を使用して、透過率の実際の検出を行うために、

の光学薄薄のコーティングサービスは、光学薄薄のコーティング